〒731-0141 広島県広島市安佐南区相田2丁目7-22
TEL:082-878-1111

広島 舛本産婦人科医院 広島市 産科 婦人科 育児相談

超音波検査

施設のご案内 入院室・陣痛室・分娩室のご案内 お食事のご案内 当院にてご提供しているお食事等のご案内 エコー動画配信サービス ベビーマッサージブログ

MOBILE SITE
HOME»  超音波検査

超音波検査について

当院は、妊娠16週以降の健診の際に毎回、腹部超音波検査を行っております。

赤ちゃんが順調に発育しているか、また羊水量など子宮内環境に異常が無いかをチェックしております。

超音波検査には限界があり、赤ちゃんの全てのことがわかるわけではありません。ただ、現在の超音波検査では、赤ちゃんの色々なことが出生前に疑われることがあります。当院では、超音波で知りえる疾患が疑われた場合、お話しさせていただいてよいか、事前に確認させて頂いております。その上で、ご希望される方には、ご説明し、赤ちゃんにとって必要と考えられる場合は、高次医療機関にご紹介させて頂いております。

当院では、妊娠20週前後、28週前後に、集中的なエコー検査をしております。

近年、高次医療機関にご相談させて頂いた方には次のようなものがあります。

心疾患

  • 心室中隔欠損症
  • ファロー四徴症
  • 両大動脈右室起始
  • 左室低形成
  • 大動脈縮窄
  • 大動脈離断
  • 肺動脈狭窄
  • 血管輪

その他

  • 横隔膜ヘルニア
  • 口唇口蓋裂
  • 中等症以上の水腎症

一方で、出生後に判明したものには次のようなものがあります。

  • 母斑
  • 軽度の内反足、外反足
  • 単独口蓋裂
  • 心室中隔欠損症
  • 合趾症
  • 多指症

赤ちゃんが順調に発育しているか、また羊水量など子宮内環境に異常が無いかをチェックしております。

全ての疾患が出生前に判明することはありえませんし、超音波で見えないこともあります。ただ、超音波検査で出生前にある疾患が疑われた場合、高次医療機関で精査して頂いたり、必要であれば出生前に準備をして頂く事によって、赤ちゃんへの治療がスムーズに行われる可能性があります。中には、出生直後から治療介入が必要な病気もあります。

当院は主に広島市民病院にご紹介させて頂いております。私どもは同病院の先生方、スタッフの皆様方に大変にお世話になっており、心より御礼申し上げます。

生まれる1週間前と生まれた赤ちゃんの顔


  • 生まれる1週間前

  • 生まれた赤ちゃん

動画配信

※再生に多少お時間がかかる場合があります。

Windows Media Player11

動画をご覧頂くには、「Windows Media Player」が必要です。お持ちで無い場合は、左記アイコンをクリックして「Windows Media Player」をダウンロードしてご利用ください。
ダウンロードは無料です。

PAGE TOP